読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリエイトで稼ぐ方法

アフィリエイトで稼ぐ方法を全部話そうと思います!

cookie(クッキー)とは?cookie 有効期限と効果的な使い分け…

 

今回はcookie(クッキー)の基本的な知識や有効期限について分かりやすく説明したいと思います。アフィリエイトをするにあたって、このcookie(クッキー)の知識は必須と捉えてください。アフィリエイト初心者の方は最初の時点で覚える事が多いので大変なのですが、必要最低限の知識は必要で、しかも多くのアフィリエイターが実践しておらず損をしている事が多いので、最初から知識を付けておきましょう…

 

cookie(クッキー)の仕組み

まずはcookie(クッキー)のシステムについて説明していきます。cookie(クッキー)とは、ユーザー情報をパソコンに一時的に記録したり参照したりする機能の事で、簡単に例をあげると会員IDやパスワードなど一度入力した情報を2回目からは省略できたりしますよね。あれはまさにcookie(クッキー)の仕業です。このcookie(クッキー)は、アフィリエイトにおいても重要な役割を果たします。このcookie(クッキー)の存在を軽視してしまうと得られる収入が全く違ってきますのでしっかり理解しておくことが重要です。

 

ここからアフィリエイトの具体的なテクニックについて触れていきます。まず物販のアフィリエイトに絞って話をしていくと、アフィリエイトの基本として、アフィリエイト報酬額を高めるコツとしては、できるだけ報酬率の高いASPを探すことから始めます。例えばAmazonアソシエイト楽天アフィリエイトで同じ1000円のものを紹介してアフィリエイトする場合、その商品が売れた時、Amazonなら報酬は初期段階なら2%とか3%程度ですが、楽天での報酬は1%にしかなりません。当たり前ではありますが、報酬率が高いAmazonアソシエイトを選んだ方が報酬額は高まります。たかだか1〜2%の差じゃないかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ところがどっこい上の例でいくと、その報酬額は2〜3倍の差になっているわけです…。

 

じゃあ、Amazonアソシエイトを通して売った方がいいじゃないか!と思いますよね?早合点しがちなのですが、実はこれは必ずしもそうとは言い切れず、その理由はcookie(クッキー)の有効期限と関係があり⬇️にて詳しく説明していきます…

 

cookie(クッキー)の有効期限

前述したようにcookie(クッキー)とは、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みの事…。Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトでは同じ商品を扱っていますが、cookie(クッキー)の有効期間がAmazonアソシエイトの場合24時間で楽天は30日なんです…

 

分かりやすく説明すると、仮に私がアフィリエイトブログで楽天アフィリエイトの商品を紹介したとして、訪問者がそのリンクをクリックするとその情報が記録され、30日有効になります。この30日の間にその訪問者が楽天で買い物をした場合に報酬がもらえます。例えば私のブログで本を紹介したとして、訪問した方がそれをクリックして買わなかったが、その訪問者はその数日後に楽天でベッドを買ったとしたら、そのベッド分のアフィリエイト報酬がもらえるという訳です。つまりは、紹介したものと全く別のものが売れてもいいというのが最大の特徴です。

 

cookie(クッキー)の保存期間の違い

cookie(クッキー)の効果が楽天アフィリエイトなら30日続きますが、Amazonアソシエイトは24時間だけなので、この期間を過ぎてから購入されても報酬にはなりません。Amazonアソシエイト楽天アフィリエイト以外の商品やサービスの場合はこのの有効期限は「再訪問期間」として書かれている場合が多く、紹介する商材やサービスによって有効期限が違うので、Amazonアソシエイト楽天アフィリエイト以外の商材を紹介する場合にはその商材の「再訪問期間」という部分を是非ともチェックしておいて下さい…

 

話を戻して楽天を使ってアフィリエイトする場合はできるだけ沢山の訪問者に自分の商品をクリックさせたい。紹介する商品なんてどうでもいいというアフィリエイターもいます。クリックされれば30日間のクッキーが有効なので、そう考えるのも一定の合理性があります。ただし残念なのは、その30日の間にその訪問者が、別の楽天アフィリエイターのリンクをクリックするとそちらのcookie(クッキー)が有効になってしまうということも認識しておく必要となります。これを「cookie(クッキー)の上書き」と呼びます…

 

この仕組みの特性をよく覚えておいて自分のブログに有効な商材やASPを、自分なりに考え判断しないといけない訳なのです…

 

クッキーの仕組み有効に使うには?

さて、ここからが本題です。実際にcookie(クッキー)を利用した基本的な戦術を例として説明していきます。理解のし易さを重視しAmazonアソシエイト楽天アフィリエイトに限定して話をしていきますので、その他については解釈し応用いただければ幸いです。

 

まず私自身のAmazonアソシエイトのレポートをご覧ください。Amazonアソシエイトに登録してアフィリエイトとするとどの商品がどれくらいクリックされたかがレポートで見る事ができます…

 

f:id:nue0801:20170316201102p:image

 

これはこのブログで説明するために私の趣味ブログである本を紹介した結果です。上の段の商品はクリック数58で売れた商品は5個、下の段の商品はクリック数79で売れた商品は1つだけAmazonアソシエイト楽天アフィリエイトは同じ商品を紹介しても報酬が違います。

 

Amazonアソシエイトは初期値だと商品の3%程度で、楽天アフィリエイトは基本1%…。だから、購入率のいいものはそのままAmazonアソシエイトのリンクを使います。上の段の商品は買ってもらえる確率が高いからこのままAmazonアソシエイトで商品を紹介した方が良いという事です(Amazonの方が報酬率は高いので)…。

 

ところが下の段の商品はクリックはされていますが購入に至っていません。こういうクリックはされてはいるけど購入されない商品を楽天アフィリエイトから同じ商品を探してリンクを張り替えます。つまり同じ商品を探しAmazonアソシエイトのリンクを楽天アフィリエイトのリンクに張り替えます。楽天アフィリエイトならクリックしたその日に売れなくてもクッキーの有効期限が30日あるので売れる可能性が残るという事です…

 

何度も書いているように楽天のクッキーは30日残ります。Amazonは1日(24時間)過ぎるとcookie(クッキー)は無くなる為、この場合は楽天アフィリエイトcookie(クッキー)を利用する方がお得!という訳でこの下の段の商品は楽天アフィリエイトから同じ商品を探して切り替えるのです…。どうなるかと言うと、この下の段の商品をクリックした訪問者が30日間で楽天アフィリエイトで何か商品を買えばその報酬は自分の物になりますよね。基本的な考え方はこんな感じです…

 

実は商品を紹介する場合は両方(Amazonアソシエイト楽天アフィリエイト)のリンクを貼っておけば一番確実なんです。この基本をよく覚えて、自分で考えて自分のアフィリエイトブログの商品選びを行い、検証し、改善するといったサイクルを回す事をオススメいたします。それを繰り返すことによって、アフィリエイト報酬額がいくらかでも確率よく上がる感覚を身につけることができる筈です。たかが数%の為に…なんて面倒に思わないでくださいね…。アフィリエイトのいいところは、仕組みさえ出来れば後は放っておいても、自動販売機のように何もせずとも勝手に売ってくれることなんですから…。たかが数%であっても、何もせず年月が経てば、何倍、何十倍といった差になってしまうことを念頭に、是非実験↪︎検証↪︎改善のサイクルを身につけることを、提言します!

 

次回はもっと大事になってくる集客する為のキーワード選定について書いていきたいと思います。お楽しみに…

 ➡️ 狙ったキーワードで上位表示!集客に欠かせないSEO対策の基本

 

f:id:nue0801:20170316203712j:image